思わず逃げ出したくなる風俗嬢

風俗の存在意義は大きいでしょうね

存在意義と言う点では風俗はかなり大きいですよ。だって風俗があるから恋人なんていらないって思っている人、多いんじゃないですかね(笑)自分もその一人です。正直、恋人がほしいんじゃなくて性欲を満たす相手をキープしたいって気持ちの方が強いんじゃないですかね(笑)男なんてそんなものというか、性欲を満たし続けることが出来るからこそ恋人を作るんじゃないですかね。そのために常にリソースの多くを恋人に割くのは自分は効率が悪いって思いますし、それにいずれ飽きてくる可能性もあるじゃないですか。それなら風俗で毎回新鮮な気持ちで違う女の子と遊んでいる方が男としての本能も満たせるんじゃないのかなって思うんですよね。無理に「恋人」を作ろうと努力するよりも自分の時間を大切にしつつ、抜きたい気持ちになったら風俗を頼る。それで十分なんじゃないのかなと思いますし、こう思っている男は現代社会では多いと思うので風俗の存在意義は大きいんです。

頑張る気持ちが秘訣なのかも

闇雲にというわけではないんですけど、風俗ではある程度自分も頑張ろうって気持ちは持つようにしています。相手任せにしないということもありますし、自分でも出来ることってきっとあるんじゃないのかなって思うんですよね。本当にちょっとしたことでもいいんですよ。何を頑張るべきなのか風俗嬢に聞くのだってありですよ(笑)それも一つのコミュニケーションになるじゃないですか。風俗って相手の女の子の存在がとても大きいんです。誰でも同じって訳じゃないんです。どんな距離感になるのかこそ、とても大切なことだと思うんですけどそのためにはコミュニケーションもそうですし、自分自分の気持ちも大切なんじゃないかと。テレビを見ていてもそうじゃないですか。楽しもうって気持ちで見ているのと、どうせつまらないんだろうって思っているのとでは同じ番組であっても全然気持ちが変わってくると思うんです。風俗だって基本的には同じなんじゃないかなって。