思わず逃げ出したくなる風俗嬢

心の底からの満足感ですね

会社帰りに風俗で遊ぶことは多いんです。だからその日も、特に深い考えがある訳じゃなく、次の日が休みってことで風俗で遊んだんですよね。特に細かいことを調べるでもなく、本当にフィーリングでお店のパネルを見て選んだのがRちゃんでした。美人だなってくらいにしか思っていなかった大地印象でしたけど、でも時間と共にこれは凄いなと。彼女、ここまでしてくれるのかと。これだけ美人なのにここまでのことをしてくれるのかとか、自分の頭の中は軽いパニック状態ですよ(笑)外見だけで勝負できるくらいのルックスを持っている彼女が、まさかあそこまで楽しませてくれるとは思っていませんでした。それはもはやサービス精神という枠を超えて、彼女のエンターテイナーとしての才能が溢れたんじゃないかなって思いますね。緩急の付け方がとっても上手だったのもあるし、視線の使い方とか何もかもハイレベルな女の子だったかなって思いますので、心の底から満足です。

気持ちより、まずはクーポン

どの風俗嬢と遊びたいのかという気持ちよりも、自分が優先しているのはクーポンなんですよ(笑)理想と現実という言葉もあるように、やっぱりまずは風俗ではお金も大切だなって。理想を持つのは大切ですけど、お金と言う現実を考えた上で、その中で自分が選べる風俗嬢の中で最も理想に近い子を。それが自分の考え方になりますかね。あれこれ考えるのも嫌いじゃないんですけど、ただ風俗って青天井だと思うんですよ。風俗がというよりも男の性欲がですかね(笑)突き詰め始めたらキリがないというか、理想を追求したらそれこそキリがない部分もあるじゃないですか。だからクーポンでという一つのルールを設けることによって、自分で遊ぶ時にはどうするのかということをしっかりと考えることが出来るようになっていますので、それはそれでとっても有意義なものなんじゃないのかなって思っていますし、むしろそれが良い塩梅を演出してくれているんじゃないのかなって。