思わず逃げ出したくなる風俗嬢

中洲のソープが理想だなってつくづく思う

プライベートの時間を女の子とのデートで過ごすのは男としての自尊心は満たされるかもしれません。いや、自尊心と言うよりも彼女がいない男に対しての優越感というか。
でも、実際に二人きりの時間が楽しいのかと言うとそうでもないんですよね。女の子と遊んでいるという事実で他の男に対してマウントを取りたいだけなんじゃないですかね。デートが常に楽しいのかって言うとそうでもないし、むしろ面倒なことも多いじゃないですか。こちらは期待しているのに「女の子の日になっちゃった」なんて言われようモノならそれまでの努力が一瞬にして崩れる瞬間ですよ(苦笑)
そんなことで時間を無駄に使うくらいならソープに行った方が良いなって思うんです。この辺りだとちょうど中洲にソープ街があるんですよね。むしろソープの方が自分の理想なんじゃないかなと思いますよ。だってソープであれば肩透かしを食らうようなことはありません。遊びたいなって思った時には必ず遊べるし、お客としてちゃんとおもてなしをしてくれるじゃないですか。だから中洲のソープでいいんですよ。

最近は女の子と遊ぶなら中洲のソープばかり利用しているから、ポータルサイトの利用は欠かせませんね。
https://fuzoku.jp/fukuoka/a_6001/biz_2/

なぜソープはいつも楽しいのか分かってきた

なんでいつも行く中洲のソープは楽しいのか。自分なりに謎とまでは言いませんけど、どういった理屈なのかなって思っていたんですよね。楽しんでいる側なのにやっぱり疑問に思う部分だってあるじゃないですか。
それでようやく自分でも気付いてきたんですよ。それはソープは自分が刺激的だなって思うからこそなのかなって。非日常というか、女の子とそういったプレイをすることに対しての免疫があまりないからですよね(苦笑)普段女の子と接することは会社くらいではありますけど、会社では別に何もないじゃないですか。いきなり女の子がこちらのパンツをおろして抜いてくれるような、企画もののAVのような話なんてある訳がないんです。
だからこそ、ソープでのまるで仲睦まじい恋人同士のような時間はとても貴重なものがあるんですよね。自分でもいろいろなことを楽しめるなっていう期待感もありますし、時に自分の予期せぬ展開で刺激をもたらしてくれる時もあるじゃないですか。そういった時、やっぱり中洲でソープが利用できる環境って素晴らしいものだなって感謝しています。